糖尿病の合併症

糖尿病が悪化すると、腎障害で透析が必要になってきます。
それってどういう原理なんでしょうか?

まず、糖尿病と言うのはインスリンが動けなくなってしまう事、それにより糖質が体内に充満して上手く動けなくなるのです。
処理できなかった糖質は、貴方の血中をぐるぐるする事になります、つまり高血糖と言う状態ですね。
これが続けば…まずは高血糖の影響を1番最初に受ける血管からダメになります。

と言う事は、血管を流れている血液を濾過するはずの腎臓もダメージを受けますよね?あまりにも高血糖を繰り返していると…インスリンの分泌だけでなく腎臓まで壊れてしまうのです。
糖尿病が恐ろしいのはその病気単体…ではありません。
本当に恐ろしいのはその高血糖状態がひきおこす合併症の数々だったのです。

それに、もし糖尿病で腎障害になり、移植をするとしても…
糖尿病は治療できませんから、結局また腎臓を壊して意味が無い状態になってしまいます。
ですから結果的に大人になってから、そして糖尿病や痛風が由来となっている腎障害には腎臓移植はできないのです。

とにかく、これらの病気は遺伝的な要素もありますが、自分の事を自分でしっかりと管理していれば…食事に関しての配慮をしっかりと行っていればなんて事はありません。
自己管理によってこの透析は十分に避けられますし、健康診断等にかよっていればいくらでも早期発見、早期治療は可能なのです。

必要以上に恐れる事はありません、健康を意識した食生活を送れるようにして行きましょう。

アーカイブ
カテゴリ
  • カテゴリーなし