腎機能について

さて、まず透析についてお話する前に、腎機能についてご説明していきましょう。
腎臓とは貴方の腰よりも少し高い位置に2つついている小さな臓器で、血液をつくる造血作用や、体内の不要物を分解して血液を濾過する排水処理、そして水分量等を調整して尿をつくると言う機能を持っている臓器です。

これらの機能が低下した状態…それを腎不全と言います。これは急性と慢性があり、急性は脱水症状等で水分が無くなった時にかかる事があります。
しかし急性の場合は水分をとって安静にしていれば勝手に治りますから大丈夫。
慢性の場合は…治療は困難、透析以外にはもう腎臓移植以外に道はありません。

腎臓が機能しなくなれば、貴方の体には様々な異変が起こります。
まず、尿を出せなくなりますから、尿によって本来ならば排出されるはずの水分は体内に貯まり、むくんでしまいます。
更に尿として出るはずの不純物がたくさん体内に残りますから、酷くなれば多臓器不全のような症状になったり、心筋梗塞や血栓と言うような症状を引き起こす事もあります。

腎臓は造血作用も持っていますから、赤血球を作れなくなる事で腎性貧血と言う症状を起こす事もあります。
血圧を調整できなくなりますから、生活に支障もでるでしょうし…水分調整ができなくなる事で心臓へ負担をかけ、突然の発作で若くして死亡してしまう事だって考えられます。
貴方だけはならない…と言う事はありませんし、これらは遺伝的な要素もたくさん含んでいます。

食生活等に気を付けて生活しましょうね。

アーカイブ
カテゴリ
  • カテゴリーなし